乾燥肌のために作られた化粧品を使ってみよう

レディー

肌に存在する成分を補おう

スキンケア

水分を与えることは誤り

乾燥肌には保湿効果のある化粧品を使うことが最も効果的です。しかし、保湿効果のある化粧品とは一体どのような化粧品なのでしょうか。誤った化粧品を使用すると乾燥肌を改善できないため、どのようにして保湿効果を得るのかを知ることが重要です。保湿効果と言うと、肌に水分を与えると思われる方が多くいらっしゃいます。しかし、肌に水分を与えることは、保湿効果はありません。ただ単に肌を水に濡らすのと同じだけであるため、保湿効果どころか逆に肌を乾燥させてしまいます。保湿効果を得るためには、肌の保湿成分を肌に補う必要があります。保湿成分を肌に与えてこそ、乾燥肌を改善することができます。保湿成分は角質層と真皮層にそれぞれ存在しているため、それらの成分を化粧品で補うようにしましょう。

補いたい保湿効果成分

肌の角質層には、セラミドとNMFが存在します。この2つの成分があることで、角質層は潤いを維持することができます。乾燥肌はセラミドとNMFの不足が引き起こすため、2つの成分を化粧品で補うようにしましょう。また、ビタミンC誘導体は、セラミドの生成をサポートする成分です。一緒に肌に与えることで、より乾燥肌を改善することができます。肌に真皮層には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが存在します。肌にハリや弾力があるのは、これらの成分が真皮層にあるためです。不足すると乾燥肌の原因となるほか、シワやたるみを引き起こしてしまいます。化粧品に配合しやすい成分であるため、たっぷりと化粧品から補うようにしましょう。